グッドナイト27000の副作用は?使ったらダメな人は?



口コミが好評価で人気の睡眠サプリ、グッドナイト27000。

睡眠に悩んでいる人からは非常に人気で、効果を実感できたという口コミも多いです。

定期購入だと初回の価格が990円と安く、2回目以降も割引で購入することができます。

そんなグッドナイト27000ですが、副作用や依存性が気になっている人もいることでしょう

この記事ではグッドナイト27000の副作用や依存性について解説します。睡眠薬との併用についても書きましたので、「グッドナイト27000を飲んじゃダメなのはどういう人?」と気になる人はご覧ください。

グッドナイト27000の副作用

まず結論から。

グッドナイト27000には副作用はありません。薬と違って依存性もありません。

グッドナイト27000は機能性表示「食品」であり、薬ではありません。

そのため依存することもなく、安心して使えます。

普通に使っていれば問題なし

副作用について補足しておくと、1日3粒の目安量をもとに飲めば過剰症になるということもありません。

■お召し上がり方
栄養補助食品として、1日3粒を目安に、水またはぬるま湯などと一緒にお召し上がりください。

■ご利用上の注意
・過剰摂取を避け、1日目安量をお守りください。

※グッドナイト27000の公式サイトより

グッドナイト27000は1日3粒を目安に摂ることを考えられており、この目安量で飲むようにすれば副作用はありません。

グッドナイト27000などの睡眠サプリに限ったことではないですが、サプリメントについて言われる副作用の大半は、特定の成分を過剰摂取したことによるものです。

つまりサプリメントの目安量を大幅に超えて摂った場合に過剰症として生じるものであり、目安量を守って飲む人には無縁の問題です。

バランスの悪い食事を避けるのも気をつければなおさら安全です。

普通に飲む分には問題ないサプリメントですので、1日分の量を守って飲みましょう。

睡眠薬や睡眠導入剤との併用について

グッドナイト27000の購入を考えている人の中には、睡眠薬や睡眠導入剤との併用を考えている人もいることと思います。

しかし実際にグッドナイト27000と睡眠薬を組み合わせた場合、睡眠薬や睡眠導入剤のはたらきが阻害される可能性もゼロではありません。

睡眠薬や睡眠導入剤に限らず、何かしらの薬を処方されている場合には、医師・薬剤師とよく相談するようにしてください。

ほかの薬との飲み合わせについて

グッドナイト27000にはテアニンが含まれています。

テアニンは降圧剤(血圧を下げる薬)や興奮剤(中枢神経の働きを盛んにする薬)との併用について、作用・効果を弱める可能性が報告されています。

そのため、もし降圧剤や興奮剤を出されている場合には、飲む前に医師や薬剤師に相談するようにしてください

降圧剤や興奮剤を飲んでいる場合、専門家に相談すると安心です。

降圧剤・興奮剤とは?

降圧剤:高血圧に対し、血圧を下げるために使われる薬。

カプトプリル、エナラプリル、ロサルタンなど。

興奮剤:精神刺激剤。中枢神経の働きを盛んにする薬。

ジエチルプロピオン、エピネフリン、フェンテルミンなど。

まとめ

グッドナイト27000は副作用がなく、依存性もありません。安心して飲むことができます。

ただし、薬を処方されている場合には医師や薬剤師に相談するようにしてください。

相談した上で飲めれば安心ですし、薬が効かないと悩むこともありません。

飲む際は1日3粒の目安量を意識し、バランスのいい食事のもとに使うようにしてください。

そんなグッドナイト27000ですが、毎月先着500人までは、初回分を990円で購入することが可能です

興味のある人はお早めにどうぞ^^

グッドナイト27000の購入はこちら